今 私に出来ることは?

冬の間、シェルターに保護されている犬猫たちが寒くないように、
床に敷くためのたくさんの毛布が必要になります。

また、里親会にもシェルターの収容キャパに限界があり、
愛護センターからすべての犬猫を助け出して来られない場合もあります。

ガス室で最期の時を迎えなくてはならない犬たちにも、 せめてさいごの数日間、温かく過ごして欲しいと、 里親会の方々が愛護センターに毛布を届けに行かれています。


浦和の里親会は、処分をされるため動物愛護センターに持ち込まれた犬猫の中でも 誰も引き取り手がいないような状態の悪い子を優先して引き出してくる団体です。

病気であったり、不具であったり、年老いているような子達です。
せめて最期のときだけでも人間の温かい手の中で過ごさせてあげたいという想いで、里親会の方々はこういう子達を保護してきます。

古い毛布、いらない毛布があったら、ご寄付ください。

たくさんご寄付いただける場合は直接シェルターにお送りください。


詳しくは‥
「ペット里親会のHP」

http://www.remus.dti.ne.jp/~noritama/

物資の送付先等のお問い合せは
http://www.remus.dti.ne.jp/~noritama/kanpa.htm
sino@zc4.so-net.ne.jp
担当 しのはらさま宛てでお願いします。


コピペで すいません‥
せめて 最後のひと時を 暖かい毛布の上で過ごせたらって
思い出いっぱいです
我が家には 毛布無いんです
でも ワン達の為に購入して 殆ど着なかった お洋服とか
があったはず‥
ちょこっと 自分で出来る範囲の ことをしてみようと思います


追伸 送り先住所のせましたが 削除しました
犬猫を捨てに来る方が増える為です
尚 お問い合わせもHPのメールの所からお願いいたします
これはたくさん来るスパムメールに、お問い合わせメールが紛れないようにする
為です。
[PR]
by lca3 | 2008-01-29 17:30 | ペット


<< まゆ玉 ワンと新年会 in銀座 >>