本当にあります 虹の橋

 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがありますで始まる虹の橋
のお話はあまりにも有名ですよね。
虹の橋今更ですがリンクしました。
私の知り合いに 本当に虹の橋の世界を見た方がいます。
ちょっと長文になりますが よろしかったらこれからのお話にお付き合いくださいね。
彼女は1人暮らしでした、愛犬は白いプードルのロンロン君でした。
生前は他犬は寄せ付けず 人間も飼い主さんとごくわずかの人にしか懐かない、でも
元気な男の子でした。
人間より先に 虹の橋を渡ってしまうのはしょうがないことですが、たった1匹の家族を
亡くした彼女は 何もする気にならず泣き暮らし 寝たり起きたりして生きる気力を無くして
しまいました。
彼女には 息子が1人いますが、遠く離れた九州でお医者さんなって忙しく暮らしています。
いつもの様に彼女は何もする気になれずに ベッドの上でウツウツと寝ているとトントントン
と階段を登る懐かしいロンロンの足音を聞きました。
え?え?ロンロン?彼女は急いで置き上がり 階段の所に行くと一番元気でキレイだった
頃の姿のロンロンが階段を登っている所でした。
「ロンロン!!」彼女は思わず叫びました。
するとロンロンは振り返りもせず 階段を登りきりました。
そこは 光り輝き眩しいくらいの光が降り注いでいて 大きい犬小さい犬が沢山しました。
生前、他犬は大嫌いだったのにロンロンは たくさん犬達の中に尻尾を振りながらとても
楽しそうに仲間に入っていきました。
そして 彼女の方を振り向くと「ワン!」と一声吼えて消えていったそうです。
彼女は涙をいっぱいためてこの話を私にしてくれました。
私は涙と鼻水をダーダー垂らしながらこの話を聞いたのは今から6~7年前のことでした。
この頃はまだ「虹の話」を知りませんでしたが‥
これって 絶対「虹の橋」そのものですよね!っと私は信じてます。
彼女は今 メチャクチャ元気で 小ベンツを買って乗り回し色々な所にお出かけしてます。
きっとロンロンの 「いつまでも 泣いてないで元気だして!」って励ましが通じたのでしょう。
d0014690_2385094.jpg

我が家の先代ワン達も この虹の袂で楽しく暮らしているんだろうな
[PR]
by lca3 | 2005-08-04 23:11 | ペット


<< はぅぅぅ! 今日も暑いねぇ >>