動物NPO法人『犬虐待』と刑事告発 阿見のブリーダー『心外』

「前の日記に書いた 例の茨城のブリーダーの記事です」

東京新聞のニュースより


 阿見町のブリーダーの男性の犬の飼育環境に問題があるとして、県生活衛生課が改善指導していることが十八日、分かった。特定非営利活動法人(NPO法人)「ペット里親会」(埼玉県ふじみ野市)は同日、「動物虐待にあたる」として、男性を動物愛護法違反容疑で牛久署に刑事告発し、受理された。

 同署は「内容を精査して適切に対応したい」としている。

 同会は、男性が犬数十頭を飼育し、えさや水を十分に与えていないほか、犬舎の衛生状態が悪く、犬が皮膚病になっても放置していると指摘している。

 県は今年九月以降、四回にわたって獣医師の資格を持つ動物愛護管理員が同法に基づき、男性の犬舎に立ち入り検査を実施。「現在は専門的な立場から改善に向けて細かい部分の指導をしている段階」(同課)という。

 男性は取材に対し、「犬舎の冷暖房も完備し、きちんと管理をしている。病気になる犬もいて、まれに処置が遅くなることもある。その一部分だけをあげつらうのは心外だ」と話している。


はぁぁ!
きちんと管理しているだとぉぉ!!
動物愛護管理員が 指導してる段階だとぉぉ!?
怒り心頭の今夜の私です

d0014690_035135.jpg

助けられたまだ六ヶ月のプードル
汚い ケージの中で 痙攣して倒れてたそうです 全身毛玉だらけでガリガリに痩せて‥

d0014690_08514.jpg

こんな 悲しそうな表情の子‥
きちんと管理してるなんて なんでそんな嘘が言えるの‥
[PR]
by lca3 | 2009-11-22 00:09 | ペット


<< 懐かな? ひっそり 谷中の路地 >>